ウールコートの汗染みはクリーニングで落ちるの?料金は?営業時間は?気になることをチェック!

画像

皆さん、コートは何着持っていますか?

 

筆者はコートが好きでウールコート、ダウンコート、アンゴラやカシミヤなど何着か持っています。しかし、通勤や子供の送り迎えで使うコートはおのずと決まってきてしまいますよね。
筆者のお気に入りは去年購入した薄いグレージュ色の通勤用のウールのロングコートです。去年はクリーニング代を節約しようと軽く自宅でお手入れしたままクローゼットに入れていたのですが、今年は去年からの汗染みが目立ってきたのでクリーニングに出すことにしました。

 

そこで、筆者が感じたクリーニング店の疑問を調べてみました。

 

【早朝や深夜に営業しているクリーニング店はあるの?】
筆者はフルタイムの電車通勤で、その前後に子供を保育園に送り迎えをするというハードスケジュールなので平日の昼間にコートをクリーニングに出しに行く時間がありません。
そこで通勤前後でも出せるクリーニング店があればありがたいと思い、いくつかピックアップしてみました。

 

・白洋舎
http://www.hakuyosha.co.jp/mission/benri/
白洋舎で東京23区内の駅前にある営業所は平日は午前8時から営業している店舗もあります。
終了時間も21時までの店舗もあり、会社の生き帰りに行くことが出来ますね。職場や自宅の近くに白洋舎があるかどうかホームページで調べることが出来ます。
店舗によって営業時間は違うので調べてから行くことがおすすめです。

 

・ポニークリーニング
http://www.pony-cl.co.jp/index.html
都内を中心に店舗があるクリーニング店です。
朝は10時からの店舗が多いので朝に出すのは難しそうですが、夜は20時〜21時まで営業なので会社帰りに出しに行けますね。

 

この2店舗が比較的遅くまで営業しているので働く女性には便利です。
クリーニング店にはこういったチェーン店だけでなくホームページを持たない個人店も多いので、自宅近くや職場近くのクリーニング店の営業時間も調べてみると良いでしょう。お店によっては早朝や遅くまで営業している場合もあります。

 

【汗染みは落ちるの?】
自分でお手入れして落とせていると思い込んでいたものの久しぶりにコートを広げると襟や袖口に汗染みが、という経験をしたことがある人も多いと思います。
この汗染みはとても頑固ですよね。
クリーニングに出せば日数の経った汗染みも綺麗になるのでしょうか。
実は、通常のドライクリーニングだけでは、汗染みや汗、皮脂を取り除くことは出来ません。汗や皮脂は水溶性の汚れなので、本来水で洗わなければ取れないからです。汗や皮脂だけでなく嘔吐などの汚れもそうですね。シーズン毎にコートをドライクリーニングに出していても汗で黄ばんできてしまったという経験をお持ちの方は、クリーニングの方法を見直してみてください。
現在、クリーニングの技術が進み、こういった汗に強い「汗抜き」という手法が出ています。
汗抜きとは、ドライクリーニングの際に汗抜きソープを使ってクリーニングする方法と、水を使って落とすウェットという方法があります。ドライの方は機械で行うことが出来るので値段も安く済みますが、ウェットの場合は手作業や特殊な技術が必要な為、コストがかかります。筆者が調べたところ、通常のクリーニング料金にプラス2000円〜3000円の所が多かったです。
しかし、基本的に汗や皮脂は水溶性の汚れなのでウェットの方がよく汚れは落ちます。
お気に入りで色味の薄いコートはウェットでの汗抜きクリーニングが良いでしょう。クリーニング料金を節約したい場合は、通常は安いドライクリーニング、もしくはドライでの汗抜きクリーニングにして、2〜3年に一回はウェットでの汗抜きオプションを入れると良いでしょう。

 

【ウールのコートの一般的なクリーニング料金はいくら?】
シーズン毎にクリーニングに出すのが良いと分かっていても、気になるのは料金のことですよね。クリーニング料金の方がコート購入の金額よりも高いとしたら、汚れたら新しいコートを買う方が安く済むかもしれません。
一般的なウールのロングコートでは、白洋舎では1800円(税抜き)、うさちゃんクリーニングでは1200円〜、ポニークリーニングでは1200円〜(税抜き)となっていました。
一般的なクリーニング店ではコートは2000円以内で収まりそうです。
ただ、レザーのコートやカシミアコートなど特殊なコートはクリーニング店によってはプラス料金がかかることがあります。また、コートにファー(毛皮)やフード、ベルトが付いている場合も別料金のことが多いです。
本当は全部一緒に出してしまうのが風合いを崩さなくて良いのですが、筆者は一応全ての値段を聞いてから予算に合わせてフードやベルト、ファー部分を取り外して本体だけクリーニングをお願いしています。本体は汚れていてもフードは汚れていない、という場合もありますもんね。

 

【ライフスタイルに合わせたクリーニング店の選び方をしよう】
営業時間や料金、汗抜きオプションの有無など、クリーニング店によって違いがあることが分かりました。
それぞれのライフスタイルや汚れ具合、予算に合わせてクリーニング店を選ぶと失敗がありません。実際に出してみないと料金など不明瞭な場合も多いので、心配な場合はクリーニングを出す前に電話などで問い合わせるのがベストでしょう。
"