コートクリーニングのススメ

画像

私は30代の女性ですが、会社や外出に、寒くなるとよくダウンコートを着ていました。

 

今はかなりお買い得にダウンコートを買うことができるので、シミや取れない汚れがついたときに、新しいものを購入しようかと考えてしまうこともあるのですが、気に入ったコートは翌年も使いたいものです。

 

ダウンやコート、ジャケットなどをクリーニングに出すと、結構いい値段がするので、迷うところですが気に入ったダウンコートをクリーニングに出すことにしました。

 

気になっていたのは、ダウンについた襟のところのファンデーション、そして口紅もついていました。

 

それらもほんとに取れるのかは心配だったのですが、クリーニングに出してみたら、1週間後受け取りに行って、出来をみてみたら、しっかりと汚れが落ちていました。

 

お化粧の成分は、油汚れなので、クリーニングはお得意分野なのでしっかりと落としてくれるのでした。

 

そしてダウンコートの中のダウンもふわふわが保たれていましたし、自分で手洗いしていたら、恐ろしいことになっていたのではと思うので、クリーニング屋さんで、ちょっと高かったですが、お金を奮発してダウンコートを出して良かったなと思いました。

 

ダウンコートをクローニングに出す前は、ベージュの色のコートだったのですが、灰色に見えるほど、汚れていました。手首のところは黒っぽくなっていました。

 

でもクリーニングに出したら、もとのベージュになって、こんなに明るい色だったんだと感激しました。

 

そして袖の黒さもなくなっていました。

 

ちゃんと水洗いもしてくれて、ダウンもしぼまなかったので、ほんとに綺麗に仕上がっているなという感想でした。

 

私は仕事をしている会社員なのでコートも毎日着て行っていましたし、仕事も忙しかったので、自分の家で汚れたコートを洗うのは面倒で、しかも失敗したら悲しいので、そして自分で洗うと時間がかかるのでクリーニングに出しました。

 

というのも私は以前自分でダウンコートを洗濯したことがあったのです。

 

それが手洗いで押し洗いをして、袖を優しく洗って、何回かすすぎを手洗いでしてと、1着洗うのに1時間ほどかけてしまったので、。しかも水につけて洗うので手も冷たいですし、水を吸ったコートを洗うのは重くて、でも沁み込案背過ぎるとダウンの柔らかさも消えてしまうので気を使って洗っていたのです。

 

しかし大失敗に終わってしまい、中のダウンは固まって隅に寄ってしまったりして、まったくフワフワ感がなくなってしまい、乾いた後になんとかダウンコートの中の綿を手で手探りで広げて分散させましたが、なんだか前よりも保温効果がなくなってしまったような気がします。

 

洗うことは洗ったのですが、これだけ自分でやって大変だと、もう自分でやるのはやめておこうかなと思ったのでした。

 

クリーニングに出しておけば、仕事帰りにでも、できたものを取に行けばいいだけですし、出すのも今はスーパーにクリーニング屋さんがあったりするので、結構いろいろなところにクリーニング店があるので、しかもメンバーに入っていれば割引もしてもらえますし、ほんとに役に立っています。

 

それでもクリーニングに出して、どうしても古すぎる汚れは落ちていないことがあります。

 

そういうことにならないために、汚れたら、その場でせめて拭きとっておくなど、汚れた時に、いちお汚れを自分で出来る範囲で早めに落としておくことをお勧めします。タオルを濡らして、汚れをふき取っておくことや、少しブラシに石鹸を付けて泡立たせて、その泡で汚れを擦り落としておくことです。

 

そういう小さな気遣いで、クリーニングをしても落ちない汚れにはならないと思います。

 

またコートを汚さないための心構えは、防水スプレーを汚れやすいところにかけておくことです。

 

それは袖、襟などです。雨も当たると意外に汚れになってしまうこともあるので、布用の防水スプレーをしておくことでかなり汚れにくくなりますし、液体の汚れだと吸い込まれないのでかなりシミが防げるので良い方法だと思います。防水スプレーにも種類があるのですが、シリコン系のものではなく、フッ素系の、吹きかけた時に軽い、べたっとしないスプレーにしましょう。きちんとスプレーとコートを離して吹きかけましょう。近すぎると防水スプレーがシミの原因になってしまいます。生地も傷んでしまいます。

 

またこれはコート選びの色の問題ですが、やはり汚れが目立ちやすい色はよく考えてから購入するのをお勧めします。

 

やはり白が1番汚れが目立ちやすいので、どうしても白じゃないと嫌な場合は仕方ないですが、汚れが目立たないコートを選ぶなら、グレーやキャメルのほうが良いと思います。

 

高価なお金を払ってすぐに汚れてしまうのも残念なので、少し色選びも気にしてみるといいかもしれません。クリーニングに出してみても、やはり白のコートは落ち切っていない汚れが分かるときがあるので、白いコートは1,2年で真っ白ではなくなると思っておいたほうが良いかもしれません。

 

クリーニングに出す前のケアも含めて、コートを長くきれいに着るためにクリーニングに出してあげることが良いと思います。