モッズコートのクリーニング、相場や頻度を徹底解説!

画像

近年流行しているモッズコート。妻に勧められて購入したのですが、私も気に入ってしまい、休日の度に着ています。ですが、購入してから三年が経ち、汚れが目立つように……。

 

家で洗濯するのは絶対にやめた方がいい!と妻から言われたので、クリーニングに出すことにしました。

 

モッズコートをクリーニングに出してみて、値段や期間などいろいろ学んだことがあったので、モッズコートをクリーニングに出したい方に向けて、紹介していきたいと思います。

 

まず、モッズコートのクリーニングの値段を決めるのは、毛皮のあるなしです。毛皮の無いものだと、2000円〜3000円でクリーニングしてもらえますが、毛皮のあるものだと3000〜5000円ほどかかります。私の場合は、フード一体型、裏地のボアとフード裏の毛皮は取り外し不可、という条件だったため、4500円かかりました。

 

安く済ませたいなら、宅配クリーニング●●点セットなどがオススメです。たくさんクリーニングに出す分、一着当たりの値段が単品の半額以下になることもあり、ぜひ活用してほしいです。

 

また、アウター類はドライクリーニングのみという方法が一般的だそうです。ドライクリーニングは、非親水性の溶剤を使い、水につけずにクリーニングするという方法で、埃や油汚れを落とすのに適しているのですが、水溶性の汚れは落としきれない場合も……このような汚れがある場合は、部分的に染み抜きをしてもらうか、水洗いをする必要があります。そうなってしまうと値段が高くついてしまうので、水溶性の汚れには特に注意したいですね。

 

さて、そんなモッズコートですが、いったいどれくらいの頻度でクリーニングに出したらいいのでしょうか。

 

私は購入してから三年目で初めてクリーニングに出したのですが、お店の方から「目に見えないようでもかなり汚れが溜まっている、特にファーの部分は細かな埃がついているんです」と言われました。思えば、自分では気にならなかったのですが、子供に臭いと言われたり、フードを被ると顔がかゆくなったりしていました。もちろん、家に帰ってもコートをかけずに床に放っていたり、コートを着たまま煙草を吸ったりと、私の生活習慣のせいでもあるのですが……。

 

なんでも、コートは夏の衣類と違って汗を吸わないと思っていましたが、暖房の効いた屋内にいるとけっこう汗をかいたりするので、そのせいもあるようです。

 

これからは、少なくとも年に一回、シーズンオフの前にはクリーニングに出すようにしようときめました。あまり長い間クリーニングに出さないでいると、カビが繁殖したり虫に食われたりすることもあるようなので、気を付けたほうがいいです。着用頻度が高い場合は、月に一度クリーニングに出したほうがいいとも言われましたが、さすがにそれは大変なので……。汚れが目立つ場合は、こまめにクリーニングに出そうと思います。

 

クリーニングの期間ですが、早ければ2日から3日後、通常は一週間後くらいに仕上がります。私ははやく着たかったので、クイックプランで2日で仕上げてもらいました。

 

ちらみに、コートは基本的にクリーニング必須なのですが、洗濯表示に「手洗い可能」と書いてある場合は、家で洗濯することもできるそうです。ですが、普通の衣類と同じように選択してしまうと、布がほつれてしまったり、縮んでしまったりして、コートとしての機能を果たさなくなる場合もあるのです。私も以前、ダッフルコートを家で洗濯してしまい、しわしわにしてしまったことがあります。

 

特にモッズコートは取り扱いが難しいコートでもあります。濡らすと縮む素材であるウール、熱が加わると色落ちしてしまう綿やポリエステルを多く含んでいるので、自宅で洗濯すると形が変わってしまう可能性が高いです。特に毛皮が取り外しのできないリアルファーだと、しっかりと扱わなければいけないのでより難しくなります。

 

やはり、大切に着続けたいモッズコートはクリーニングに出したほうがいいと思います。

 

そして、クリーニングから返ってきたコートは……見事に汚れが取れ、ほとんど新品のような状態になっていました!表面の色味も、くすんでいたのが明るくなり、ここまで綺麗になるものかと驚きました。

 

ちなみに、撥水加工もしてもらったため、雨の日でも安心して外に出ることができるようになりました。ちょうど東北のほうに出張があったので、非常にいい買い物をしたと思っています。また、家でコートを着たまま食事をとっていたとき、コートにワインを零してしまったこともあるのですが……、なんと、ワインが玉のようにコートに乗っかって、ほとんど吸収されませんでした!これにはとても驚きました。衣類をクリーニングに出すときは、ぜひ撥水加工をしてもらいたいです。

 

以上のように、モッズコートは家での選択に向いていず、毛皮などの付属品にもよりますが比較的手軽にクリーニングに出せるので、ぜひ一年に一度はクリーニングに出してください。